2020年 Javaベースのバッチを作るなら
java
Published: 2020-06-25

前々回位の現場で、Javaベースのバッチ処理を作ることがあって。 「オンプレ環境で、そこまで厳格な条件ではないけど、ある程度安定して動いて欲しい」 「DBに接続して、データを取得後加工、CSVに出力して、それをメールに添付して送付」 位の要件でしたね。1

そこでは、アーキテクチャを選択できる立場になかったので、以前からあるバッチの仕組みを、ちょろっといじってサーバに置いたんですが。2 でも、今、自分が作るとしたら、どんな仕組みにするかなぁ、って、ちょっと考えてみました。

  • ある程度ポータブルなものにしたいよね
    • オンプレとは言え、不定期にサーバーの統廃合があったりする
    • サーバーの統廃合時に、cronタブの設定忘れたり
    • サーバーごとに 秘伝のタレ の設定/シェルがあったり
  • ある程度複雑なロジックを伴うから、TDDとかやりたいよね
    • ちょっとした変更だって、やっぱり確認しながらやりたい
  • デプロイ時に漏れとか防ぎたいよね
  • ソース管理もGitとかのVCSでやりたいよね
    • たまーに機能追加しようとすると、もういない担当者のPCの中にしかソースが…

…あれ? 結構条件ありますね。

今、自分で作るとするなら、こんな感じかな

  • ある程度枯れた、よく使われる軽量ライブラリの組合せで作る
    • GraalVMとか、まだ人類には早すぎるのでは…
    • Jdbi のような軽量OR/M
  • 変数を、環境変数や実行時変数から注入できる仕組みを組み込む
  • ビジネスロジックをTDDで作るために、モックとか差し替えしたい
    • 軽量DIコンテナを採用する
    • Dagger
  • Maven/Gradleで、依存関係やバージョン情報を明示
  • 実行可能なFatJarを作成して java --jar batch.jar だけで実行可能
  • 実行は、cronではなく、バッチ実行の仕組みを別に用意する
  • そんなに頻繁な更新でなくとも、CI/CDの仕組みに乗せる

意外とやらないといけないこと多いですわ。


  1. あるある案件 ↩︎

  2. 惰性とも言う ↩︎