2020年7月 Amazon Cognito経由でYahoo!Japanのユーザ認証をやりたかっただけだった。
aws
Published: 2020-07-08

TL;DR

できません

Amazon Cognitoの外部フェデレーテッドIDプロバイダとして、Yahoo!Japanを登録できますが、認証が通りません。 stateプロパティの値が長過ぎて、Yahoo!Japanからエラーで返ってきます。


AWSって、以前、S3をちょっと触ったレベルだったので、全く浦島太郎状態だったんですね。 最新技術のキャッチアップを兼ねて、ちょっと小さいプロジェクトで試すかな。 それなら、初っ端に必要になるログインとか認証である、Amazon Cognitoから触ってみるか~、って触ってみたんです。

「…なるほど!! 全く分からん!!」

上記記事を参考に、ちまちまいじっていて、なんとなく分かった!! 「Amazon Cognitoってアカウント管理してくれて、外部プロバイダとの連携とも整合をとってくれて、一意なIDを払い出してくれる。」 「Amazon Cognitoそれ自体は、OpenID Connect/OAuth2のプロバイダとして振る舞ってくれる」 なんですね!!

上記記事を参考に、試しにYahoo!JapanとのID連携やってみるかー、って思って、IDプロバイダの設定までは、サクサクできたんです。

でも、実際のログイン画面が出てきて、クリックすると、コールバックにエラーが返ってきます。 “state is too long value” って何???

Chromeのdev-toolで、リクエストとかを見ていると、確かにAmazon Cognitoが生成するstateって、1,200文字程度あります。 自分では、どっちが妥当か判断できないし、しゃーないので、Yahoo!デベロッパーネットワークのお問合せフォームから、質問投げちゃいましたよ…。

結局「stateの長さは1024文字までの仕様となっており、長さを伸ばすことができません。(大意)」という回答でしたね。

よくあるOpenID Connect/OAuth2のクライアントライブラリは、そこまで長いstateを生成しないのでしょう。 ですが、全世界で広く使われているAWSだと、そうもいかないのでしょうね…。

久々、Yak Shavingで不毛な時間を過ごしちゃったよなー、でも、これやらないとダメなのが、我々の人生だよなー、と言う感想でしたね。